エコアクション21等の環境マネジメントシステムを構築しませんか?

近年、地球温暖化防止等の地球環境保護が叫ばれていますが、小規模事業者の中には、環境負荷を減らす努力はしているが効果があるのか良く分からない。
また、なにをしたらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 そのような未来の子供たちや地球に思いやりのある事業主の方は、自己の事業に合った環境マネジメントシステムを構築してはどうでしょうか。

 環境マネジメントシステムとは、環境保全の方針や目標を計画(PLAN)し、計画達成に向けて活動(DO)し、計画の成果を点検・是正(CHECK)し、計画の差異についてシステムを見直し、継続的に改善(ACTION)する。
という一連の環境負荷低減サイクルを自社内に構築することをいいます。

 環境マネジメントシステムを構築するメリットとしては、地球環境保護に役立つのも当然ですが、その他に

業務の効率化・コスト削減

 環境負荷を減らす努力は結果的に業務の効率化・コスト削減に繋がります。

環境リスクの排除・イメージアップ

 環境問題を起こすリスクを排除でき、取引先等へのイメージアップが図られます。

金融機関の低利融資

 金融機関で低金利融資制度を利用できる場合もあります。

取引先選定の条件

 業種によっては、取引先選定の条件になっている場合もあります。

 というメリットが考えられます。

 現在、代表的ともいえる環境マネジメントシステムには、ISO14001やエコアクション21等があります。
これらについては第三者が審査・認証する制度を採っており、認証してもらうことにより上記のメリットを十分受けられる可能性がありますが、反面、審査・認証にコストがかかる等の小規模事業者にとってのデメリットも予想されます。

 業務受注や融資目的でなく、純粋に地球環境保護を目的とするのであれば、環境マネジメントシステム自体は自社独自で構築・運用することも可能です。

 たとえばエコアクション21の手法を利用して環境負荷の低減をしておき、認証の必要性が生じたときに、認証を行うということも可能ですので、メリット、デメリットを考慮して、自己の事業に合った環境マネジメントシステムを構築することをお勧めします。

Follow me!