小規模法人・個人事業主の会計・記帳指導

 会社や個人事業の経営者で、複式簿記ができないから白色申告という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 会計事務所に頼めは高くつくし、頼むほどの量でもない、かといって会計はさっぱりわからないから奥さんにすべてまかせっきり。奥さんも複式簿記を知らないので税金申告はいつも白色申告。

 そのような方のために当事務所では1ヶ月から半年程度を目安にして複式簿記(青色申告が受けられます。)による会計記帳(簿記指導付)を行なっています。
 これは顧問契約ではないので、会計を覚えた時点で当事務所に依頼しなくてもかまいません。

簿記知識習得のメリット

 なぜ簿記知識習得をお勧めするかというと、複式簿記は青色申告により納税額が下がるのもメリットですが、経営にかかる正確な財政状態、経営成績を事業主自らが把握でき、進むべき経営の方針、手段など今後の経営のあり方を決めることが可能となるからです。
(会計の本来の目的はここにあります。税金を払う為だけではないのです。)
(特に経営者は正しいドンブリ勘定程度の会計知識は必要ではないでしょうか?)

当事務所依頼のメリット

日商簿記1級の行政書士が会計のエッセンスをご提供いたします。

① 会計記帳を致します。(慣れるまで会計記帳代行します。)

② 会計簿記を教えます。(努力しだいで簿記資格が取れるかも?)

③ 毎月決算書を組みます。(決算整理の仕方がわかります。)

④ 損益分岐点計算をします。(賢い経営者は活用してます。)

⑤ 資金繰り、キャッシュ・フロー計算書作成します。(資金の流れがわかります。)

⑥ 簡単な財務諸表の分析方法を教えます。(取引先の与信リスク管理にも役立ちます。)

⑦ 複式簿記により青色申告特別控除65万円(個人事業主)などが受けられます。

1ヶ月の報酬額

会計記帳(簿記指導付)
ケースによりますのでご相談ください。

 皆さん気になる報酬額ですが、簿記の学習進捗率、業種、仕訳量、作成帳簿量などにより一律いくらと決められない状況です。
しかし、一般の会計事務所に比べ、少々高く(早く覚えてくれれば安くつきます(笑))ても期間限定ですし、ここで得た会計知識は経営の意思決定、税務申告、銀行資金借入対策など、きっと将来の宝になると信じております。

Follow me!