静岡県の入札参加資格申請の概要

入札参加資格審査申請とは、公共工事を受けたい建設業者さんが国、都道府県、市区町村の公共工事発注自治体に自社が公共工事契約対象者にふさわしいか資格審査してもらうことを目的として申請する手続きで、 資格を有する建設業者さんについてはその自治体の登録名簿有効期間(通常2年間)まで入札参加資格者名簿に登録されることになります

 

入札参加資格前提条件

公共工事を希望する業種の建設業許可を受けていることが必要です
経営事項審査を受審してることが必要です
税金の未納がないことが必要です

 

入札参加資格審査申請の受付期間

入札参加資格審査申請の受付期間は定期受付、追加受付、随時受付の3種類に分かれます。
希望する自治体についてはない受付方法もありますので自治体サイトを確認する必要があります

定期受付

自治体の定めた登録名簿有効期間(2年間)が始まる前 、だいたい1月~3月頃に定期的に入札参加資格申請を受け付けるものを定期受付と言います。

追加受付

何らかの事情で定期受付が間に合わなかった建設業者さんの場合に備えて年度途中に 期間を定めて入札参加資格申請を受け付けるものを追加受付と言います
(自治体によっては追加受付のみと言う場合もあります)

随時受付

何らかの事情で定期受付が間に合わなかった建設業者さんの場合に備えて年度途中随時入札参加資格申請を受け付けるものを随時受付と言います
(随時受付が可能かどうかは各自治体に確認する必要があります)

 

入札参加資格申請の有効期間

定期受付申請に間に合えば入札参加資格者登録名簿の有効期間は2年間となります

 

入札参加資格審査申請の提出方法

持参

公共工事受注を希望する自治体に入札参加資格申請書類を持参する方法です
申請書類提出時に書類等の内容を確認してくれますので内容に詳しい人が持って行きましょう

郵送

公共工事受注を希望する自治体に入札参加申請書類を郵送する方法です
郵送期間の指定や 返信用封筒 などが必要になるケースもあります。

インターネット申請

公共工事受注を希望する自治体に入札参加申請書類をインターネットで申請する方法です 。